掲示板

地域カダイ探究・地域ミライ探究

第2回 総合探究:2学年地域ミライ探究 つくる班、つなぐ班に分かれて活動開始!

 令和4年4月28日(木)第2回目の総合探究の授業では、1回目に引き続き、a班(つくる班)とb班(つなぐ班)に分かれての活動となりました。a班のミッションは湖南町特産品を用いた6次化商品の開発、b班は、今年の5月にオープンを予定している情報発信基地「ヨハク」を拠点に、福島県を元気にするCMを作成します。


それでは、この日に行われた各班の活動を簡単にご紹介します。


 a班(つくる班)では「サイクリングなどで猪苗代湖に観光に来る方々等をターゲットに、ちょうど休憩地点となる湖南で気軽に食べられる商品を開発する」ことを目標に、「湖南ならではのものを使った今までにない斬新でおいしいもの」という探究テーマで進めています。生徒たちは先週に引き続き、アイディアを出した後、そのアイディアを整理し、絞る段階となりました。a班は2つのグループに分かれて活動していますが、それぞれ、「地元野菜を使った春巻き」「湖南チキサンド(コナチキサンド)」を考案しました。生徒、教員、ホールアース和田様を交え、改善点等を洗い出しつつ、さらに具体化できるよう話し合い、総探への意欲的な参加が見られました。次回は、早ければ新レシピの試作段階に入っていきます。

 

 

 

 

 

 b班(つなぐ班)は、今回はじめて15秒という枠内で地方PR動画を作成します。そのため、まずは15秒のPR動画とは何か、既存の動画を分析するところから始めることにしました。15秒という短い枠の中で、言いたいことを全て伝えるという作業は至難の業です。去年まで色々、湖南町について学んできたので、言いたいことはいっぱいあるのですが、全てを盛り込むことはできません。そのため、すでにある様々なタイプの動画を見て、考え、自分たちが作るべき動画の方向性を探りました。いろいろ見ていく中で、なんとなくではありますが、作るべき方向性が見えてきたように思います。次回までに、少しずつ、絵コンテを描きためていきます。

 

 

 

 

 

 

第2回 総合探究:1学年地域カダイ探究 2年生インタビュー準備を行いました。

 4月28日(木)5・6校時、1学年地域カダイ研究の第2回目の活動が図書館にて行われました。

 今回の活動は、5月に行われる2年生インタビューの準備を行いました。2年生インタビューを行う目的は、経験者である先輩の話を聞き、総探の具体的なイメージをつかみ、今後の活動の参考になる情報を入手するため。そして、6月に行う地域インタビューの前に経験を積むためです。

 始めに、昨年の1年生が地域カダイ探究のまとめとして発表したスライドを見ました。そして、この1年間に行う活動の内容を把握しました。次に、地域カダイ研究の内容について、2年生に質問したいことを付箋に書いてリストアップしていきました。その後、個々に考えた質問を班でまとめていきました。「同じ(似たような)質問はないか?」「質問の順番はどうすればいいか?」「意図が伝わる質問か?」などを考えながら各班で質問をまとめていきました。最後に、2班ずつに分かれてインタビューの練習を行いました。

 次回は、実際に2年生へインタビューを行います。今回の準備を活かして、目的を達成できるインタビューが行えるようにしてほしいと思います。

第1回 総合探究:2学年地域ミライ探究 ガイダンス及びチームに分かれて活動を行いました

 本日から新年度の総合探究の授業が始まりました。第一回目の授業では、1年間の見通しを全体で確認した後、2つのチームに分かれて活動を行いました。今年も昨年に続き、a班(つくる班)とb班(つなぐ班)に分かれて活動します。a班のミッションは湖南町特産品を用いた6次化商品の開発です。そして、b班は、今年の5月にオープンを予定している情報発信基地「ヨハク」を活用し、福島県を元気にするCMを作成します。

  

  それでは、この日に行われた各班の活動を簡単にご紹介します。

 a班(つくる班)では郡山市観光課の方に来て頂き、a班の“クエスト”を提案して頂きました。今年は「サイクリングなどで猪苗代湖に観光に来る方々をターゲットに、ちょうど休憩地点となる湖南で気軽に食べられる商品を開発する」ことを目標に、それに加えて「湖南ならではのものを使った今までにない斬新でおいしいもの」という探究テーマでやっていきます。テーマが決まったところで、生徒たちは早速アイデアを出していきました。観光課の職員の方々、教員、生徒で話し合いながら、ユニークな意見を次々に出しており、総探への意欲的な参加が見られました。次回は、出したアイデアを絞りつつプレゼンテーションなどもしていきたいと思います。今年のオリジナル商品にもご期待ください!!

   

 

 今年のb班(つなぐ班)のメインミッションは情報発信です。大きな柱として、KFBと東邦銀行共催による「2022年ふくしまの元気!応援 CM大賞」にチャレンジします。コンテストに出場するまでの道のりは平坦ではなく、まずは、郡山市の代表としての出場権を手にしなければなりません。しかし、私たちはこれまで一年間かけて湖南町の魅力を学んできました。湖南町には猪苗代湖や布引高原などの自然、里山、そして蕎麦、米、野菜といったうまい食材など、福島を「象徴」するものがたくさん詰まっています。加えて、私たちのチームは、自らYouTube配信を行う強力なメンバーの揃う最強の陣立てです。

 湖南町の旨みをぎゅっと凝縮した濃厚な動画を作り、福島の魅力を湖南町から日本中に、そしてゆくゆくは世界に配信できたら楽しいですね。この時間はみんなでどんな動画を撮るか作戦会議をしましたが、時間がいくらあっても足りなさそうです。 

 今年の総合探究も、「みんないっしょに楽しんで」をモットーに頑張っていきます!

第1回 総合探究:1学年地域カダイ探究 総合探究ガイダンス&自己理解・紹介を行いました。

 4月21日(木)3・4校時、図書室において1学年総合探究「地域カダイ探究」のガイダンスを行いました。正式には第1回目として「福良散策(こちら)」を行いましたが、他学年と平行して行う総合探究の時間は今回が初めてになります。

 始めに、担任の先生から湖南高校における「コミュニティ・スクール」の取り組みについての説明がありました。3年間をかけて「地域カダイ探究」→「地域ミライ探究」→「自分ミライ探究」とつながる意味や目的。総合探究のもうひとつの柱である「蕎麦プロジェクト」とのつながり。コミュニティ・スクールとしての学校行事の在り方や地域探究部の活動例などが説明されました。

 次に「自己理解」を深めるためのトレーニングとして、「マインドマップ」の作成を行いました。生徒たちは、「自分」というものから様々なもの(好きなもの・苦手なもの・趣味・学校生活など)を連想させ、マップを作成していきました。その後、各班でマインドマップを使っての自己紹介を行いました。自己紹介では、発表および聞き方のコツを一人ひとりが意識をして行いました。最後に代表生徒1名が全体の前で発表をしました。

 今回の授業では、生徒一人ひとりが積極的に課題や発表を取り組んでいました。この1年間、この取り組み姿勢を忘れずに探究活動に取り組んでほしいと思います。

1学年 福良散策に行ってきました!

 4月12日(火)の午後、1学年の生徒が福良地区を散策に出かけました。湖南高校のある福良地区の店舗や旧所名跡を訪ねて、生徒に地域について理解してもらうためです。当日は天気が良く絶好の散策日和になりました。

 学校を出発し、昨年度の2学年古民家再生班が手掛けた「YOHAKU」を訪れました。中では、昨年度からお世話になっている小山順平さんに「YOHAKU」の説明をいただきました。

 その後は、いつも通学でお世話になっている会津バス郡山湖南営業所、福良地区のお店や旧所名跡を回りました。途中精肉店に立ち寄り、担任の先生からコロッケ・メンチカツの差し入れがありました。最後に、菅川沿いの道を歩きながら、福良スキー場や「湖南高校そばファーム」を見学し、帰校しました。

 生徒のみなさん、福良地区のことが理解できたでしょうか?来月は湖南地区全体を回る「ぐるっと湖南」を行います。

第13回 総合探究:1学年地域カダイ探究 1年間の振り返りを行いました 

 令和4年3月10日(木)の総探の授業では、来年度に向けた活動のアイディアの整理と、1年間の振り返りを行いました。

 来年度の地域ミライ探究では、本年度に引き続き、a班「つくる班」とb班「つなぐ班」に分かれて活動することを想定しています。生徒たちは、本年度1年間の探究の授業で得た湖南町の魅力と課題についての視点を踏まえ、来年度、それぞれの班でどのような活動をすることができるかについて、アイディアを整理しました。

 後半は、1年間の振り返りを行いました。1学年では、年明け頃から、「振り返りシート」をペーパーから「Googleフォーム」へと移行を進めています。ICTを活用し、1年間の成果と課題について振り返る機会としました。

 以下は、生徒からの感想です。

「1年間、湖南についての理解を深めることができ、いろいろな活動を通して地域の魅力や課題についても知ることができました。湖南の方々の協力を得て、たくさんのことを知ることができたので楽しかったです!」

「今年学んだことを生かした商品を作りたいなと思います。また、湖南町について多くの人に知ってもらえるような斬新なものを開発したいです。」

「湖南の民話、イベントをYouTubeにあげていろいろな人に見てもらう。そうなったときは、 湖南高校としてではなく、湖南町公式として動画をあげてみたら面白いと思います。」

第12回 総合探究:1学年地域カダイ探究 YouTuberの半沢幸多様にオンラインで講演いただ...

 令和4年2月24日(木)の総探の授業では、本校卒業生で、現在、会社員をしながらYouTubeで釣りの動画を配信する活動をされている半沢幸多様に、オンラインで講演をいただきました。

 半沢さんは、本校在学中はボート部に所属し活動されていたことや、大学での様子、卒業後の職業についてなどのお話を、「ライフストーリーグラフ」をもとにお話しいただきました。授業の後半は質疑応答の時間でしたが、生徒たちは積極的な質問を「半ちゃん」に投げかけていました。半沢さんからは、生徒たちに「目標を持ち続けることが大切」と話していました。

 来年度の「地域ミライ探究」では、SNS等を活用して湖南町や湖南高校の魅力を発信する活動ができればというアイディアが生徒から出ています。今後も半ちゃんと協働しながら活動を展開していくことを考えています。

 以下は、生徒からの感想です。

 「今回、半ちゃんの講演をオンラインでやったのですが、僕はYouTuberと話す機会がなかなか無かったので非常に良い体験になりました。 また、半ちゃんの小さい頃の夢や今後の目標、湖南に対する思いも聞けたので、これからの地域ミライ探究に役立てるように頑張りたいと思います。半ちゃんありがとう!」

 「今日は自己紹介や質疑応答などをしていただきありがとうございました。僕は「YouTubeで何を学びましたか?」「仕事を働きながらで辛くないですか?」と質問しました。回答は「自分が理解し、人に説明する能力が大切だと知った」「YouTubeは自分でやりたいと思っていたから苦ではない」ということでした。数学の授業でも理解できていることを人に説明したり、自分がやりたいこと(ゲームや運動)は楽しくて毎日やってしまったりするので、話に共感することが出来ました。僕はこのことを生かし学校生活を楽しみながら未来に向けて頑張りたいと思いました。また会う機会があるときは宜しくお願い致します。」

第12回総合探究:2学年ミライ探究(A班・B班合同で)

 令和4年2月10日(木)に、本年度最後の地域ミライ探究をおこないました。今回が今年度の最終回と言うことと、A班の中には今まで情報発信基地「余白」に行ったことがないという生徒がいたことから、この日は合同で、柱のヤスリがけをおこないました。

 この作業は室内塗装の前作業であり、むらなく綺麗に色を塗るために不可欠の作業となっております。数は力と言いますが、今回は総勢18名で作業です。一人につき、柱一本を割り当てられ、一時間一本勝負。上から下までむらなく、研磨してゆきます。ヤスリがけ、磨く・・・単純な作業を連想するかもしれませんが、単純な中にも技術が求められる作業なのです。今回初めてリノベーションに参加した生徒の中にはDIYが得意な子もおり、ヤスリのかけ方や道具の使い方を教員や他の生徒に解説してくれるなんていう場面もありました。人それぞれに得意分野ってあるものですね。

 さて、「余白」のオープニングも段々と近づいてきました。次年度はここをフル活用し、湖南町の魅力をどんどん、外部に発信していきたいと考えています。

「令和3年度総合探究学習成果発表会」を行いました。

  2月3日(木)視聴覚室にて、「令和3年度 総合探究学習成果発表会」を行いました。発表会の目的は、今年度1・2年生が、総合探究の時間を通して学んだことを総括し、生徒全体で情報を共有することです。コロナ下で規模を縮小しての開催となりましたが、総合探究の活動にご協力いただいた地域の方々をお招きし、1・2年生が学んだことを見ていただきました。

 最初は1年生の発表です。1年生は「地域カダイ探究」を通して、研究発表技術を磨くとともに、次年度に向けて地域について学ぶ活動を行ってきました。発表ではパワーポイントを用いて、これまでの活動を紹介したうえで、その活動を通して見えてきた湖南町の魅力と課題を発表しました。今年1年間を通して見えてきた湖南町の魅力は「自然が豊か」「地域の方が優しい」「コミュニケーションが取りやすい」でした。課題は「少子化が進んでいる」「交通が不便」などの点でした。1年生は、湖南高校生が出来る取り組みとして「観光スポットを増やし、湖南町の魅力を発信すること」を提案し、その為にできることとして、新たな蕎麦レシピを考案・商品化、SNSなどでの魅力発信、ボランティア活動などに積極的に取り組むことなどが考えられる、と発表しました。

 次に2年生です。2年生は「地域ミライ探究」の中で、2班に分かれて活動してきました。A班(つくる班)は蕎麦を使った6次化製品の開発に、B班(つなぐ班)は、湖南町の情報発信基地「よはく」を、文字通り作りあげていく活動に従事しました。

 『A班(6次化製品開発)』による発表です。地元の企業様と一緒にレシピ開発を行い、レシピの改良を重ねてきた様子や、開発した商品を湖南町の商工会で販売した経緯などが報告されました。1年生からの「1年生に、ケーキや団子のレシピで、ここを改良してほしい、というところはありますか」との質問に、「ケーキ、団子共に蕎麦の風味をもっと活かせるようにしてほしい」と答える一幕がありましたが、まさに2年生から1年生へのバトンが渡された瞬間でした。

 続いて休憩を挟み、2年生『B班(古民家再生)』による発表が行われました。B班は「総括チーム」と「活用チーム」、2つのチームに分かれて発表を行いました。

 総括チームの発表では、今年1年間の活動内容を動画にまとめて紹介しました。その後、パワーポイントを用いて「古民家再生とはなにか」「どんな古民家にしたいのか」などを発表しました。その後、活用チームが今年1年間リノベーションしてきた古民家を、カフェ・ゲストハウスとして活用すること、そこでイベントを行うことを1年生に提案しました。

 活用チームは、発表の最後に「2年生が関わった古民家をどう活かすかは1年生次第。自分たちの色を最大限に活かし、探究活動を引っ張っていってほしい」と、1年生にエールを送りました。

 2年生の発表の後は、図書委員が取り組んできた【湖南民話プロジェクト】の発表を行いました。その発表の様子はこちらをご覧ください。

 この発表会は、各学年、各チームが今年どの様な活動を行ったのか、共有する良い機会となりました。ここで共有された活動内容や課題は来年度の総合探究学習に活かされます。

 

 今回の発表会を通して、参加した1・2年生は次のような感想を述べていました。

 「2年生が作った蕎麦ケーキや蕎麦団子を越えるような食べものを作りたいと思いました。しかし、蕎麦ケーキが45分で70個完売したことを聞いて、かなりのプレッシャーです」

 「今年2年生が行ってきた活動を、来年度は自分たちが改善・新たなチャレンジして湖南町をより良くし、情報発信をしていくんだな、と改めて実感しました」

 「今回の発表会では、自分たちが1年間なにをしてきたのか、振り返ることができて良かった」

 「総合探究学習成果発表会では、実際に自分たちが行ってきたことや、他の班や1年生が行ってきたことを知ることができて良かったです」

 「一人一人の努力が集まって、一つの活動になっているのがよく理解できました」

第11回総合探究:2学年ミライ探究(A班:そばの6次化班)活動の整理・分析と成果発表会に向けた準備

 1月20日(木)5,6校時、2学年ミライ探究A班では前回に引き続き、「そばの6次化」を通した学びの成果や課題を振り返り、今年度の活動を整理・分析しました。

 生徒はこの活動から得た事柄を「湖南の魅力化」の点から整理し、構造化、可視化しながら、様々な視点で自分たちの意見を交わしていました。これらは、2月3日(木)に行われる「地域カダイ探究」「地域ミライ探究」活動の成果発表会の資料や原稿づくりを通して行われました。

 生徒たちは1年間やってきた事や学びをシンプルかつ分かりやすく伝えるため、何度も資料内容を確認したり推敲を重ねたりしていました。引き続き、放課後や休み時間を上手に使いながら、思考の整理と発表の準備を続けていきます。

掲示板

コミュニティ・スクールに向けた取り組み

地域課題探究 第10回目を開講しました

 2月6日(木)地域課題探究の授業で、1年生がマイプロジェクトづくりを進めました。導入では、講師の和田祐樹さんが、冬休み中に行った自身のマイプロジェクトについての話題を紹介し、それを聞いた生徒は自分たちがやるべきことの具体的なイメージを膨らませている様子でした。その後、生徒たちは自分が興味を持つテーマについて掘り下げるとともに、新たなアイディアを求めて活発にクラスメイトと意見交換をしていました。中でも、ある生徒は自分たちの学校に対する要望をまとめ、校長先生に嘆願するなど、一歩踏み出す活動も見られました。

地域課題探究 第9回目を開講しました

 1月16日(木)5時間目、ホールアース自然学校の和田さんを講師に、地域課題探究の第9回目が行われました。今回は、マイプロジェクトの進捗状況を確認しました。また、和田さんご自身のプロジェクトについてお話を伺うことができ、生徒たちはそのプロジェクトの大きさに驚いていました。和田さんのお話に刺激を受け、自身のプロジェクトの構想を膨らませることができました。

地域課題探究 第8回目を開講しました

 12月12日(木)5時間目、ホールアース自然学校の和田さんを講師に、地域課題探究の第8回目が行われました。前回から始まったマイプロジェクトづくり。今回は自分の探究するテーマを決め、テーマについて多角的に考えました。学年末の発表に向けて、少しずつ着実に磨きをかけていきます。

1年生地域課題探究 第7回目を開講しました

 11月14日(木)5時間目、ホールアース自然学校の和田さんを講師に、地域課題探究の講座が行われました。この時間から生徒は、今年度の地域についての学習内容や、11月12日に参加した地域課題探究ワークショップで身につけた知識をもとに、マイプロジェクト作成を開始しました。

1年生地域課題探究 第6回目を開講しました

 10月31日(木)5時間目、ホールアース自然学校の和田さんを講師に、プレゼンテーションの方法についての講義・実習が行われました。生徒はプレゼンテーション資料作成のノウハウとともに、ソフトの使用方法を学びました。今後は、湖南町で自分のやりたいことを伝えるために、さらに学びを進めていくことになります。

1年生地域課題探究 第5回目を実施しました

 10月17日(木)5・6時間目に地域課題探究の第5回目を実施しました。

 前半はホールアース自然学校の杉澤さんによるワークショップで、生徒たちは世代別の湖南町の住民になりきって湖南町住民アンケートの結果から読み取れる「困っていること」のランキングを予想しました。

 後半はホールアース自然学校の和田さんによるワークショップで、生徒たちが書き出した「湖南町でやりたいこと」について、互いに質問し合いました。

 次回の講座は10月31日(木)に行われ、11月12日(火)に行われる、湖南高校、西会津高校、川口高校3校合同の「地域課題探究ワークショップ」にもつなげていく予定です。

1年生地域課題探求 企業体験報告⑤(美農然)

 企業体験最終回として、1年生男子3名が美農然さんの協力を得て、ジャガイモの収穫体験を行ってきました。今年は雨が多かったこともあり、商品にならないジャガイモも多く、農家の方の苦労を肌で感じながらの活動でした。生徒たちからは、掘り起こす作業を続けることの苦労を知った、収穫後の陰干し作業もあることを知り、苦労が分かった、大変だけど農作業は楽しいと思った、などの感想がありました。

1年生地域課題探求 企業体験報告④(美農然)

 7月31日(水)、企業体験第4日目として1年生3名が、美濃然にてミニトマトの収穫とトマトの箱作りのお手伝いをしてきました。生徒からは「収穫するミニトマトの色を見分けるのが難しかった」「収穫作業が思っていたよりも難しかった」「様々な種類のミニトマトがあり驚いた」などの感想が挙げられました。

   

 

1年生地域課題探究 企業体験報告③(湖南町商工会)

 7月25日(木)は地域課題探究の企業体験3日目として、1年生4名が湖南町商工会の方々と共に活動をしてきました。27日(土)に行われる湖まつりの準備作業として、花火大会関連の看板や規制ロープの設置を行い、裏方の仕事をしている方々の苦労や、想いを感じ取ってきたようです。

1年生地域課題探究 企業体験報告②(サウスレイクコテージ田舎)

 3名の1年生が湖南町のサウスレイクコテージ田舎において体験活動を行いました。シイタケの菌床を並べる作業を終えた生徒からは、「たいへんな作業を一人でやっている小椋さんの苦労がわかった」「効率を上げるための工夫の重要性を学んだ」「仕事を終えたときに達成感を味わえた」などの感想が挙げられました。