湖南高校について

 湖南高校は、昭和23年に地域の熱い要望により福島県立大槻高校福良分校として開校して以来、72年の歴史を持つ伝統校です。卒業生は4000名を超え、各界で活躍しています。平成30年度入学生より1学年1学級の小規模校となり、「先輩と後輩」「生徒と先生」「学校と地域」がより強い関係で結ばれ、一人一人の存在が大切にされています。

 

【 本校の取り組み 】

①少人数教育による習熟度別の学習指導

 生徒同士の学び合いや教え合いとともに、全ての教員が全生徒について熟知しているため、基礎学力の定着や発展的学習など、個々の生徒に応じた授業が展開されています。

②一人ひとりの希望に沿った細やかな進路指導

 個別の添削や課外授業に加え、面接指導や各種資格の取得に向けたサポートなど、個々の生徒の多様な進路目標達成のため、全教員が全生徒の進路指導を担当しています。

③地域に根ざした「コミュニティ・スクール」

 学校と地域の両方を元気にするため、地域の方々が、学校運営に協力して下さるとともに、学校も「地域ミライ探究」などの学習活動を通し、地域の課題解決に協働して取り組んでいます。

④地域との連携を通した人間性・社会性の育成

 猪苗代湖畔の豊かな自然を守るための「湖岸清掃」や、雪害に悩む高齢者の方々が安心して生活するための「除雪ボランティア」など、「知・徳・体」調和のとれた発達を育むためのボランティア活動に積極的に取り組んでいます。

校章・校訓

【 校章 】

 「ひし」は野生の植物で池や沼に生える一年生の水草で、夏に白色の花を開き、ひし形で長い鋭いとげのある実を結びます。放っておいても繁殖する生命力の強い植物です。
 湖南高校の生徒が、ひしのように忍耐強く野性的根性を持つことを念じて、ひしの実を学校及び生徒のシンボルとしています。

 

 【 校訓 】

「誠実」「志高」「聡明」「自律」「勤勉」「協同」を校訓とし、生徒がたくましい精神力を持ち、忍耐強く自己を高める諸活動に取り組み、進路実現ができるこ とを目指しています。

 

 

 

 

湖南高校の一年
4月 5月 6月 7月

始業式

入学式(1年)

対面式・部活動紹介

スマホ安全教室

フォローアップ学習会(1・2年)

PTA総会・講演会

生徒会総会

選手壮行会

ぐるっと湖南(1年)

1学期中間考査

前期面接旬間

春の遠足[BBQ]

花壇整備

放課後課外開始

交通安全教室

1学期末考査

美化週間

薬物乱用防止教室(1年)

終業式

中学生1日体験入学

夏期課外開始

 

8月

9月 10月 11月

学力アップ学習会(1・2年)

始業式

学期明け面談

フォローアップ学習会(1・2年)

湖岸清掃

履歴書・面接指導(3年)

生徒会役員選挙

防災教育(1年)

体育祭[球技大会]

体育祭[運動会]

菱の実祭[3年に1回]

三校合同WS(1年)

秋の遠足(1・3年)

修学旅行(2年)

第2学期中間考査

後期面接旬間

インターンシップ(2年)

校内企業説明会(1・2年)

第2学期末考査

 

 

 

 

 

12月 1月 2月 3月

美化週間

進路体験発表会

終業式

冬期課外開始

学力アップ学習会(1・2年)

始業式

学期明け面談

学年末考査(3年)

インターンシップ報告会(1・2年)

冬の遠足[スキー]

スキー授業(1・2年)

除雪ボランティア(1・2年)

学年末考査(1・2年)

音楽発表会(1年)

表彰式

卒業式

終業式

離任式

 

 

 

教育課程表
令和2年度 掲示板

学校いじめ防止基本方針      ⇒ 2020_学校いじめ防止基本方針.pdf

多忙化解消のための湖南高校の取組 ⇒ 令和2年度 多忙化解消のための湖南高校の取組.pdf 

令和2年度自己評価年間計画    ⇒ 令和2年度 自己評価年間計画.pdf
令和2年年度上半期を振り返って  ⇒ 令和2年度 上半期の教育活動を振り返って.pdf
令和2年年度下半期を振り返って  ⇒ 

 

 

令和元年度 掲示板