スクールライフ

活動記録

1学年の防災教育1日目です

 9月15日(火)から2日間、1年生全員が猪苗代高校の1年生と合同で防災教育のワークショップを行っています。2日間ともに国立磐梯青少年交流の家で実施するこの教室では、2校の合同グループで防災をテーマに探究した課題についてまとめ、発表を行います。明日は本日まとめた内容の発表と防災をテーマにした野外炊飯を実施します。

1学年 職業調べを行いました。

9月3日(木)5~6校時目に、1年生が職業調べを行いました。

講師の方のご指導の下、演習形式で職業について考えました。ペットボトルや建物など身近にあるものから、製造業者や運送業者など、様々な職業を連想していくゲームです。いくつの単語・職業を思いつくことができるか、生徒たちは積極的に発言し合っていました。20分間という短時間の演習でしたが、100を超える単語を連想できた班もありました。

その後、高校生の心構えが進路選択にどうかかわってくるのかのお話を伺いました。しっかりと講師の方の話を聞き、手帳にメモを書きながら聞いている生徒もいました。

ぜひ、広い視野を持って進路を考え、自分の人生を設計していってください。

湖岸清掃を行いました

 8月31日(月)、湖南七浜の湖岸清掃を行いました。湖岸清掃は昭和48年から続く活動で、多くの観光客が湖畔を訪れるこの時期に毎年行っています。
 今回は約10年ぶりに湖南小中学校と合同実施をする予定でしたが、荒天のため本校単独での活動となりました。コミュニティ・スクールである両校の生徒にとって、この活動は地域社会へ参画する貴重な場になっています。
 生徒からは「先輩達や先生方、そして地域の方々と協力し合い、猪苗代湖をきれいにできて良かったです(1年男子)」「(1年生から3年生までの縦割り)班のみんなとコミュニケーションをとりながら楽しく作業ができました。これからも湖岸清掃が続いていくことを願っています(3年男子)」との感想がありました。
 

 

 

2学期がスタートしました。

 8月24日(月)始業式が行われ、2学期がスタートしました。
 校長先生からは夏休み中は事故やけがなどが無くうれしく思うこと、2学期は「蕎麦プロジェクト」「地域ミライ探究」「修学旅行」などの行事にねらいを持って取り組むこと、コロナ対策などでは健康に気をつけ、思いやりを持ちながら過ごすことについての話がありました。引退した部活動の3年生を労う言葉もいただきました。
 生徒指導主事と進路指導主事からは、日々の学校生活の充実が進路実現と自己実現へとつながることなどの話がありました。
 長い2学期となりますが、学校生活を充実させていきましょう。

中学生1日体験入学を行いました。

8月4日(火)、中学生1日体験入学を行いました。

まず全体説明会では、生徒会役員やボランティアの生徒が、プロジェクターやタブレットを駆使して湖南高校の魅力を中学生に説明しました。中学生たちは、湖南高校ホームページや、公開文化祭で撮影された動画を見て、湖南高校の雰囲気を感じ取ってくれたようでした。

続いて模擬授業では、5つの教科の授業から中学生が2教科を選び、湖南高校の授業を体験しました。中学生たちは積極的に発言してくれて、楽しい授業になりました。

最後に、湖南高校生の案内で、中学生たちは校舎や部活動を見て回りました。ボート部で練習を体験したり、音楽部で演奏を聴いたり、PC部で高校生とテキスト入力速度を競ったり、湖南町周辺の立体積層模型を見たりしました。

中学生は、「夏は涼しいし、生徒との仲は良いし、授業はわかりやすいし、とってもいい高校だと思った」「湖南高校は地域との関わりがすごかった」などの感想を書いてくれました。来年、湖南高校入学式で再会できることをお待ちしております。

賞状伝達式・第一学期終業式を行いました。

湖南高校の令和2年度第一学期は、本日までです。

この第一学期の間に、見事に検定に合格し資格を獲得した生徒に、賞状が授与されました。単に資格を取得しただけではなく、目標を達成するまで努力を継続したという事実は、生徒の自信につながったことと思います。

その後、第一学期終業式を行いました。

音楽部の生徒による伴奏に合わせて校歌を斉唱したのち、校長先生から「才能とは諦めない気持ちを持つこと」というお話を聞きました。また、教務主任の先生や生徒指導主事の先生から、二学期を見据えた夏休みの過ごし方のお話を聞きました。

第二学期は、8/24(月)から開始です。充実した夏休みを過ごした生徒たちと会うことを、楽しみにしています。

Photo Library~その2~

 Photo Library第2回目となる今回は、図書委員と有志による書架整理の様子をお届けします。

 図書室では7月上旬から書架整理を行っています。書架整理は一度書架から本を全て出し、分類記号通りに書架に入れ直す大がかりな作業です。図書委員会の1・2年生が中心となり書架整理を行っています。また、除籍する本のリスト作りも書架整理と同時進行で図書委員が行っています。

 図書委員ではありませんが、自ら図書室に来て手伝ってくれる生徒もたくさんいます。勉強の息抜きを兼ねて手伝ってくれる3年生もいました。

 現在、図書室では「怖い本特集」が組まれています。その特集の一環として化学室から人体模型をお借りし、図書室の入り口に置いてあります。図書室の扉を閉めておくと模型が見えなくなるので、開けた時に生徒は勿論先生も驚いています。人体模型になれた生徒は図書室に来るたびに模型の頭をなでたり、名前をつけたりして模型と仲良くなっています。

湖南町をぐるっと回りました。

7月22日(水)、1年生は、「ぐるっと湖南」に参加しました。

「ぐるっと湖南」とは、湖南町の方々のご協力の下、1年生が湖南町を巡り地理や歴史を学ぶ行事です。

地歴公民の授業で事前学習したプリントを手に、1年生は隠岐津島神社や千住院など、湖南の名所を回りました。

また、ガイドの渡部様からそれぞれの名所の説明を、西田様から湖南に伝わる民話を聞かせていただきました。

生徒たちは、「昔の湖南の話を聞けて面白かった」「まだ知らないことがたくさんあるので、湖南になじんでいろいろ知っていきたい」などと感想を書いていました。

改めまして、会津バス様、ぐるっと湖南伝承会の皆様、ありがとうございました。

1年生薬物乱用防止教室を実施しました

 7月16日(木)に1年生が薬物乱用防止教室を受講しました。講師としてお話しくださった学校薬剤師の本田喜己江先生からは「他人に処方された薬をもらって飲むことも薬物乱用にあたる」など、身近に起こりえることをお話いただいたので、生徒たちは自分事として聞くことができました。

 生徒からは、「今は、他人ではなく友達から違法薬物を勧められるケースが多いと知った。気を付けて生活したい。」「これまでも薬物乱用防止の講座はあったが、今回が一番考えさせられた。」「高校生の今だからこそ、薬物乱用を具体的に理解しなければならない。この講座を受けることができてよかった。」などの感想がありました。

 夏休みを安全に過ごすためにも、人として大切なことを学んだ1時間でした。

  

緑の募金活動に参加しました

例年、湖南高校では緑化活動の輪を広めようと緑の募金活動に参加しています。

今年度は厚生委員の呼びかけにより7,037円の募金が集まりました。

この日は、生徒代表として厚生委員長が集まった募金を郡山市林業振興課へ届けました。

なお、湖南高校で行っている「花壇整備」は緑の募金学校緑化活動推進事業の助成を受けています。