スクールライフ

活動記録

表彰式・3学期終業式

 3月18日(木)視聴覚室において、表彰式並びに3学期終業式が行われました。

 表彰式では「単年度皆勤賞」や「そばレシピコンテスト」などの校内表彰、「漢字能力検定」や「福島県書初め展」などの外部団体表彰があり、日ごろの学習の成果としての賞状が授与されました。

 続いて、3学期終業式が行われました。
 校長先生からは「大きな目標、夢を持ち、叶えるために日々努力しよう。夢を追う過程で皆さんは成長できる。4月には元気な姿で会いましょう」とお話がありました。
 また、教務主任からは1、2学期の講話内容を振り返りながら「どうして学ぶのか、どうして継続して学ぶことが大切なのか」、生徒指導主事からは将棋の世界を例に「自分のミスや負けを人のせいにしないで着実に強くなってほしい」とお話がありました。

 春休みは次年度に向けて準備をする大切な期間です。次年度の目標をしっかりと持ち、達成できるように頑張りましょう。

湖南町福良地区「地域づくりマップ」づくり③

 3月17日(水)図書室において、本校生徒会役員と福島県県中建設事務所員が湖南町福良地区「地域づくりマップ」作成のための合同ワークショップ(第3回)を行いました。

 今回のワークショップでは「地域づくりマップ」が狙う利用対象者層や方向性、マップ内容の広報の仕方について話し合いました。生徒たちは、「どんなマップだと手に取ってもらえるか」「自分たちが作成する地図をどんな人たちに使って欲しいか」などを、既存のマップを参考に自分の意見を相手にしっかりと伝えていました。

 生徒たちが熟議を重ねた結果、マップのターゲットは「若者」、広報方法は「SNSやインターネットをメインにすること」にしました。次回も、高校生の目線から湖南町福良地区の魅力が発信できる「地域づくりマップ」の完成を目指して活動を続けていきます。

 

1学年 音楽発表会を行いました。

3月17日(木)、1年生が、1年間の音楽の授業の集大成として発表会を行いました。

演奏されたのは、GReeeeNの「キセキ」、瑛人の「香水」、スキマスイッチの「奏」、Official髭男dismの「Pretender」、back numberの「高嶺の花子さん」の5曲です。2年生や教職員の前で、1年生は練習成果を発揮し息の合った歌声を響かせることができました。全員で斉唱したり、ソロパートを歌ったりと、曲目も歌い方も工夫に富んでいました。歌唱だけでなく、ピアノやギターの演奏・伴奏も素敵でした。

1年生はこの日のために、自宅でも演奏や歌唱の練習をするなどの努力を重ねてきました。また、招待状や会場の飾りつけなどにも気を配っていました。

演奏が終わって頭を下げる1年生に感動の拍手が降り注がれました。

2学年 進路ガイダンスを行いました。

3月16日(火)、来年度の進路活動を見据え、2学年進路ガイダンスを実施しました。講師にボイス・プロの水野裕子先生をお招きし、丸1日かけてじっくりと、実践に必要なステップを確認しました。

午前中で活気があったのは、グループワークです。生徒たちは就職試験を実施する側となって、どのような人材が会社に必要か、それぞれの人物の強みはどう生かせるかなど話し合いました。

そのグループワークを受け、午後は一人一人が自己PRを考え、模擬面接を行いました。お互いの模擬面接を評価し、それぞれの良さや伸び代を確認しました。

生徒の感想には、「模擬面接では緊張したけど、何ができていて何ができていなかはっきり分かったので、今後の生活で直していきたい」「質問されたことに対して落ち着いて受け答えできたため自信になった。何度も練習して本番に備えたい」「来年度3年生になって、進路について考えなければいけない時期に、今日の体験をいかしていきたい」など、前向きな言葉が多く並んでいました。

「3年生0学期」とも言われる、2年生の3学期。3年生の4月にいいスタートダッシュをきれるよう、できることをこつこつ積み重ねていってください。

第58回 卒業証書授与式が行われました。

 

 3月1日(月)、卒業証書授与式が執り行われました。

 来賓として、PTA会長 鈴木勝美様、同窓会会長 桑名秀一郎様、学校運営協議会会長 小山伝一郎様にご臨席いただく中、酒井祐治校長より卒業生23名、一人ひとりに卒業証書が授与されました。

 その後、在校生代表の大山絢也くんからは卒業生への送辞が贈られ、卒業生代表の加賀小雪さんからは答辞が述べられました。加賀さんの答辞には、湖南高校での濃密な3年間の思い出と共に、同級生、保護者の方々、先生方、地域の皆様方をはじめ、これまでに自分たちを支えて下さった方々への深い感謝の言葉が述べられました。

 一クラス本校化となって初めての卒業生23名。

 爽やかな春の青空に祝福されながら、卒業生23名は湖南高校での思い出を胸に巣立っていきました。

 皆さんの更なる活躍を心より願っています。

栄養教室を行いました。

 3月24日(水)、家庭学習期間中の3年生が、登校日に「栄養教室」を行いました。

 まず、前日の食事を振り返り、自分の食事に偏りがないかチェックしました。結果は、副菜(野菜)が足りていない人が多かったようです。

 そこで、コンビニで買えるものなど身近な食材で野菜を摂る工夫や、簡単・手軽に作れるレシピを紹介しました。焼き鳥缶で作る親子丼、千切りキャベツを使った簡単サラダ、冷凍野菜を活用したスープ、フルーツヨーグルトを実際に作ってみました。

 試行錯誤しながらドレッシングを手作りする班や、親子丼との相性を考えたスープの味付けをする班など、班ごとのアイデアがつまったオリジナルメニューが出来上がりました。

 卒業後も、バランスの良い食事で健康を保ち、みなさんが充実した毎日を過ごせるよう願っています。

 

 

表彰式並び同窓会記念品贈呈式が行われました

2月26日(金)、表彰式並び同窓会からの記念品贈呈式が行われました。

3年間小さな努力を積み重ねることができた生徒が、学校長からは優秀賞、皆勤賞、単年度皆勤賞、生徒会功労賞の4つの賞を、同窓会長からは同窓会長賞を授与されました。その後、同窓会から3年生に卒業記念品が贈られました。各賞を受賞した生徒は、大きな声で返事をし、堂々と登壇していました。

受賞者のみなさん、おめでとうございます。今後の益々のご活躍を期待しています。

卒業式の会場準備を行いました

 2月25日(木)5・6校時目、1・2年生が卒業式の会場準備を行いました。

 在校生全員で「お世話になった3年生を気持ちよく送り出そう」という思いを胸に、生徒はブルーシートを綺麗にしたり、椅子を等間隔に並べたりしました。

 会場準備も無事に終わり、あとは3月1日の卒業式を待つのみとなりました。

スキー教室を行いました。

湖南高校では、毎年冬の授業でスキーを実施しており、今年も恒例のスキー教室を行いました。

当日のゲレンデは強風と降雪に見舞われながらも、午前中は習熟度別に、午後は自由に、生徒は初心者も上級者もスキーを楽しみました。

また、この行事では、湖南町の有志の方々にスキーの講師をお願いしています。ご指導いただき、ありがとうございました。