掲示板

地域カダイ探究・地域ミライ探究

1学年地域カダイ探究 湖南町全住民アンケート結果についての考察を行いました

 令和3年5月6日(木)の総合的な探究の時間において、「データから見る湖南町」というテーマで、湖南町全住民アンケート結果についての考察を行いました。

 ジグソー法を取り入れ、「人口からみた湖南町」「産業面からみた湖南町」「地域活動の面からみた湖南町」「暮らしの面からみた湖南町」の4つのエキスパート班に分かれ、地域の課題、理由、対策、私たちにできること、住民の方々に聞いてみたいことについて探究を行いました。

 話し合いの中では、湖南町の産業について多くの人に知ってもらいたい、そのためには湖南町の産業について自分たちも詳しく知っていきたいと意見が出されました。

第二回 総合探究:A班「新しい蕎麦レシピの商品化チーム」・B班「湖南町にある空き家を地域の情報...

5月6日(木):本日の地域ミライ探究からA班(新しい蕎麦レシピを商品化するチーム)とB班(湖南町にある空き家を地域の情報発信拠点に改造するチーム)に分かれて活動をおこなってゆきます!

A班では、6月10日(木)の蕎麦プロジェクト商品開発校内品評会に向けて、蕎麦を使ったレシピを考案しています。その後は考案したレシピに徐々に肉付けしていくイメージで、商品を6次化していきます。

本時はA班をさらに2グループに分け、それぞれで蕎麦を使ったレシピを2品ずつ考えました。昨年出たレシピから選んで決めたグループもあれば、新しく自分たちが作りたいものを考え出したグループもありました。その後は、材料や作り方をサーフェイスを使って調べたりグループで議論したりして、よりよいものがつくれるよう準備をしました。中には、「そばレシピコンテスト」の経験をもとに、昨年つくったものをさらに改良しようと試みている生徒もいます。次回は実際に調理をし、試食します。 

B班では、地域で農業に携わる傍ら、地域興しに関わる活動に従事されている小山さんを中心として、湖南町の抱える空き家問題や湖南町に人を呼び込むためには何が足りないかなど共に考えてゆきました。

探究活動の後半では、空き家を情報発信基地として活用するにあたって、どのような利用法が考えられるか、活発な議論がおこなわれました。生徒達からは「カフェ」、「イベントスペース」、「A班の考えた蕎麦商品の紹介と販売」、「地域のみどころを紹介するコーナーを作る」、さらにはそれらすべてあわせた「総合センター」など興味深い意見がたくさん出されました。いよいよ、次回は実際に空き家を視察し、改装をお手伝いする中で、プラン実現のためのイメージを広げてゆきます!

次回以降も活動の様子をどんどんアップしてゆきたいと思います! 

第一回 総合探究:「ライフストーリーグラフを作る」

4月22日(木)、1・2学年合同で2021年度最初の探究活動をおこないました。今回のテーマは自己理解・他者理解。講師にホールアース福島校の和田さん、湖南町でワイン用ブドウ栽培などに携わる小山さんのお二人を招き、ライフストーリーグラフの作成に挑戦しました。自分自身の人生を振り返り、友人の話に耳を傾ける中で、自分自身の強みと弱みを再確認し、これからチームとして探究活動に携わる仲間とのつながりを深めることができました。

  

(生徒の感想):「自己理解と他者理解という言葉の意味について理解できた。自分の話だけでなく、相手の話を聴くことも大切だと感じた。今日の授業を通して、過去の出来事を振り返ると、いろいろなことがあったんだと改めて考えさせられた。また、思っていた以上に、友達も同じことがあったりと、いろいろ知ることができて良かった。」

「その話をした相手の過去を詳しく知ることができ、この人はそういう人なんだと思っていたこととは逆の人もいてとてもビックリした。やはり話してみないとその人のことを知ることができないなと思った。みんなの話を聞くことや知らない部分を知ることができて良かったし、もっと相手を知りたいので日常的にみんなと話したいと思った。」

いよいよ次回から、1学年と2学年にわかれて探究活動を開始してゆきます。1年生は「地域カダイ探求」として調査、研究、プレゼンのノウハウを学びつつ、湖南町の魅力や課題を調査してゆきます。2年生は1年次の学習をいかし、「地域ミライ探究」をおこなっていきます。地域ミライ探究では、昨年の蕎麦レシピコンテストに出された品目の改良などに取り組んでゆきます。2年生は、それと平行し、湖南町の古民家の再生をプロデュースし、湖南町の魅力発信の中核となる拠点構築に挑みます。ゆくゆくは、湖南高校生が考案した様々な商品やアイディアをこの拠点を軸に世界に向けて発信してゆく予定です。

「イチからカレーライスを作る」振り返りと成果発表を行いました。

3月11日(木)、令和2年度最後の総合的な探究の時間です。生徒一人ひとりの活動を振り返り、「イチからカレーライスを作る」プロジェクトの成果発表を行いました。

休校期間など想定外の状態からスタートを切った、このプロジェクト。12月10日(木)にカレーを作り上げた後は、この活動の振り返りを行っていました。それぞれの班ごとに、この1年間の活動を通して「見つけた可能性」「悔しかったこと」「まとめ」を考え、本日発表しました。

「はじめは『カレーなんて絶対無理』だと思っていたけれど、挑戦してみたら意外とできた」「諦めないで続けることで、成功して自信がついた」「コツコツとやる作業は向いていないと思っていたけど、けっこうおもしろくて、新たな自分を発見した」など、各班ごとの発表では前向きな言葉が多く聞こえました。「タイムアップになってしまったので、もっと積極的に行動すればよかった」「当番を忘れてしまうことがあったので、もっと責任感を持ちたい」など、今後の生活に生かすことができる反省も、多く出てきました。

この1年間の活動を通して得た成果や課題、失敗も、是非みなさんが進化するための栄養としてください。

午後2時46分には、生徒と教職員が黙祷を行いました。

”イチ”からカレーを作りました。

12月10日(木)、今年度の総合的な探究の時間の集大成の日です。「イチからカレーライスを作る」のプロジェクト名通り、徹頭徹尾、自分たちの力で作った食材・道具を使ってカレーを作りました。

この日の作業は、大きく3つのグループに分かれて行いました。まず1つめのグループの作業は、食器の仕上げです。《その他班》が中心となり、竹の器・箸にヤスリをかけました。そのほか、裂けてしまった竹を削り取ったり、箸を追加生産したり…。安心して使用できる食器になるよう、このグループでは特に丁寧に作業をしていました。

2つ目のグループの作業は、蕎麦打ちです。《主食班》が行いました。前日までに挽いておいたそば粉をこねて、のばし、切り、ゆで、水にさらし…湖南高校産そば粉100%の十割蕎麦を仕上げました。カレーと共に食べるため、蕎麦は太めです。

3つ目のグループの作業は、調理です。中心となるのは《野菜班》です。

また、福島県郡山市でレストラン「なか田」を営んでいる中田智之様を特別講師としてお招きし、ご指導をいただきました。

調理の第一段階は、《野菜班》の育てたにんじん、じゃがいも、葉大根、わさび菜の下ごしらえです。しっかりと水で洗い、一口大に切ります。その間に、《その他班》が調達した米糠油で、《肉班》が調達したウチダザリガニを炒めます。

 

その後は、《スパイス班》の作ったコリアンダー・レッドペッパー・サフランと、切り終えた野菜を投入し、炒めます。野菜が煮崩れないようじっくりと炒めたら、《その他班》が汲んだ馬入の湧き水で煮て、《調味料班》が精製した塩で味をつけます。

調理の工程が進むにつれ、いい香りが漂います。中庭で食器のヤスリがけをしている生徒たちも、興味津々です。

最後に味見をしつつ味を調えました。食器に装い、彩りとしてわさび菜とウチダザリガニを添え、カレーは完成です。

また、中田シェフが、生徒とともに2種類のカレーを作ってくれました。同じ野菜を用いスパイスや調味料を足して作った「見本品カレー」と、中田シェフが食材から厳選した「オリジナルカレー」です。計3種類のカレーで、食べ比べも行いました。

~生徒の感想~

「正直、口に合わなかった。しかし、カレーを1から作ることはとても難しいと感じた。自分たちで色々調べて、食材を確保し、頑張れたと思う。自分は《調味料班》として、温泉水から煮詰めて塩を作った。手に入るまで時間がかかりすぎたのが欠点だった。これを来年の活動に生かしたい。今回の活動で、食に興味を持てた。そして、食を大切にしようと思った。」

「1からスパイスを育てて、それがカレーに使われて嬉しかった。たくさんの種類のカレーができて、いろんな味を楽しめてよかった。スパイスで育てられなかったものや量が足りなかったものがあったので、きちんと下調べをして調達した方がいいと思った。カレーの味は賛否両論だったが、私は美味しかった。」

「半年以上かけて作ったカレーは、やっぱり初めて作ったので、すごく美味しかった訳ではなかった。でも、皆で協力して作ったカレーは、とても優しい味がした。私は《肉班》だったので、ザリガニを捕りに行ったり茹でて殻をむいたりするのが大変だったことが記憶に残っている。また、学校でこういう企画があったらいいと思った。」

 

無事にカレーを作り上げることができたのも、校外のさまざまな方々のご理解とご協力をいただくことができたからです。電話やメール、または対面で、さまざまなプロフェッショナルの方々に助けていただきました。この場を借りて、お礼を申し上げます。

次回の総合的な探究の時間では、今回のカレー作りの反省と対策を練ります。今回の経験を次代に引き継げるよう、生徒たちの活動はまだ続きます。

《野菜班》 人参・葉大根収穫しました

12月2日(水)のじゃがいも収穫に引き続き、12月8日(火)には人参と葉大根の収穫を行いました。

午前中雨が降っており、少しぬかるみがありましたが生徒達は一生懸命活動しました。

予想よりも大きく成長した野菜に驚きと喜びを隠せません。

これで、8月から畑で栽培していた全野菜の収穫を無事に終えることができました。

最後に、今年の野菜班の収穫量をまとめると、

じゃがいも(ニシユタカ・デジマ) 3.65kg

人参(オレンジスティックNEO・メロディーライン) 3.3kg

葉大根(葉大臣) 4.0kg

となりました。果たしてどのようなカレーになるのか、すごく楽しみです。

《野菜班》 じゃがいも収穫しました

12月に入りました。今日12/2(水)は2学期期末考査の最終日です。

ここ数日風は冷たいのですが、天候が比較的良かったので、テスト終了後に生徒たちはじゃがいもを収穫しました。

土がある程度乾燥していたので、じゃがいもを簡単に掘り返すことができました。

収穫時期が少し遅れ、この時期は夜間から朝方にかけて霜が降りてしまうため、作物の成長具合が心配されましたが…

なかなか立派なじゃがいもが土の中から出てきました。

全部で12株ほどであったため、野菜班の仕事は10分ほどで終わりました。

じゃがいもの栽培は初心者向けと言われていますが、今日の収穫作業からその理由が良く分かります。

 

今回収穫したじゃがいもは、来週まで暗所で乾燥させながら保管します。

立派なものから穴が開いて痛んでいるもの、未成熟で緑色のものまであります。

12月10日(木)はいよいよ「一からカレーライスを作る」時間です。調理して食べる際には、協力してくださった地域の方々への感謝の気持ちを忘れず、無駄がない様にしなければなりませんね。

<主食班> そばを石臼で挽きました。

コーヒーの豆挽きでは、なかなか進展しなかった製粉作業。先週の木曜日に行われた『蕎麦プロジェクト』で地元の方からお借りした石臼を使って、残っていたそばの実を製粉しました。作業効率は、コーヒーの豆挽きとは雲泥の差、スムーズに、しかも、きめ細かく、挽きあげることができました。

花壇いっぱいに咲き誇ったそばの花でしたが、収穫したそばの実は1200g程度でした。さらに、製粉した結果、そば粉として獲得できたのは850gでした。

いよいよ明日はカレー作り。なんとか間に合いました。

スパイス班 とうとうスパイスが完成!!

いよいよ、12月10日(木)、今年度の総合的な探究の時間の集大成として、カレーを作ります。

その準備として、12月7日(月)に、スパイス班では、乾燥させたコリアンダー・レッドペッパー・サフランをすりつぶしました。

コリアンダーは香りづけ、レッドペッパーは辛味づけ、サフランは色づけの効果のあるスパイスです。ただし、レッドペッパーは完熟まで育つ前に収穫してしまったので、赤くはなく緑のままの実と葉を使用しました。どの材料も、乾燥しきってカサカサになっています。

すりつぶすために使用した道具は、乳鉢・乳棒とポリ袋です。乳鉢・乳棒でゴリゴリとすりつぶす方法と、ポリ袋に入れた材料を両手でもみ砕く方法、両方を試してみました。

乳鉢・乳棒で砕くには、予想よりも時間と根気が必要でした。担当者を交換したり、手首を休ませたりしながら、ひたすらゴリゴリすりつぶしていきます。少量ずつではありましが、きめ細やかな粉末を生成することができました。

一方…ポリ袋では、砕くことはできるものの、粉末と言えるほど細かくすることはできませんでした。そこで、こちらも乳鉢に入れ、乳棒でゴリゴリとすりつぶしました。

1時間半ほどかかって、三種類のスパイスが完成しました。

完成した量は、コリアンダー1.68g、レッドペッパー0.34g、サフラン0.32gほど。乾燥させる前と比べると、たった10分の1ほどの量でした。まとまった量のスパイスを生産するためには、今回の何十倍・何百倍もの苦労が必要なのだろうと、しみじみ思われます。

粉砕作業と、道具の片づけまでを終えると。

種蒔き・栽培・収穫・乾燥・そして粉砕を終え、自分たちの手だけでスパイスを完成させたという高揚感がありました。

すりつぶしている段階で既に、コリアンダーの香りは鮮烈ですし、レッドペッパーの刺激も感じられました。また、サフランは乳鉢・乳棒、そして作業者の指を、黄色に染めてくれました。完成したスパイスは少量ですが、カレーの風味として活躍してくれることと期待します。